クルクミンの詳しい説明。

みなさんは、テレビCMなどで「クルクミン」という言葉を聞いたことはありませんか?

クルクミンとは、色素成分で黄色い色をしています。

また、強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、肝臓の解毒機能を強くしたり、胆汁の分泌を促す作用を持っています。

そのため、

・肝機能の向上

・二日酔い防止

・コレステロール値低下

・美肌効果

・脳機能の活性化

といったことが期待されています。

クルクミンは油に溶けやすい性質を持っているため、水には溶けにくいです。

そのため、そのまま摂取したとしても体内に吸収される量はほとんどありません。

クルクミンを効率よく摂取する方法として、サプリメントや健康ドリンクがあります。

これらは吸収率を高めるクルクミンを使っているため、体内に取り込める量も増やすことができます。

クルクミンが使用されている代表的な食べ物として、カレーがあります。

カレーの黄色はクルクミンの黄色と言われています。

ただし、含まれているクルクミンの量はそれほど多くはないようです。

また、特別摂取による副作用はないとされています。

ところが、クルクミン自体はショウガ科であるため、多量摂取によりアレルギー反応が出る場合もあるので注意が必要です。

This entry was posted in 健康全般. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>